吉見由香公式サイト
ブログ

今日のできごと

彼女のみたかったもの

ジャパンプレスのジャーナリスト 山本美香さんが、取材現場で銃弾に倒れた。

その直前迄、彼女が撮影していた映像が、テレビで繰り返し流される。
突き刺さる様な空気感。
わたしなら、確実に精神的に参ってしまう。

放送局や新聞社が、紛争地や戦場のど真ん中には記者を派遣しないため、「戦争ジャーナリスト」と言われる、彼らの仕事は大変貴重だ。

正直「なんで、わざわざ、そんな場所へいくんだろうね。なんの保証もないのに」という声も聞く。

逆に「そんな場所まで行って、彼らが伝えたいものはなんなんだろう」と、問い直したい。

新聞記者だったお父様が「最後の映像は、彼女の集大成。最後迄ぶれなかった彼女の思いです」と涙をこらえて、答えていらっしゃった。

「ぶれない思い」
「何を伝えたいか」

本当のジャーナリスト、だったんだな、と思う。

取材の現場をどこに設定するか、は、理科か数学かの問題で、
そこで「何を取材するか」が重要な様に思う。

理科をえらんだ人に「理科は重要じゃない。数学の方がもっと社会の役に立つ。数学を好きになりなさい」とは、誰も言えないはずだ。

そこで、何を見るのか。
それがあるからこそ、ジャーナリスト・表現者の仕事をしているんだろう。
そんな思いで出稿されたニュース記事を、おろそかにすることなく、私たちは、プロの声と技術を以て、リスナーに届ける。

彼女の死によって、シリアに今、一番注目が集まってる。
非常に皮肉なことではあるけれども。

今、勤務している現場では、中広域のラジオ局である為、ニュースを編集するとき、正直いうと国際ニュースは後回しにしがちだ。
ニュースの時間は短い。
日本中、世界中から集まるニュースは、膨大な量になる。

限られたニュース時間。
エリアに関係するニュース、身近なニュースを選んでしまう。

何を、どう編集するかは、基本こちらにまかされているものの、
勤務についている時は、冷徹に?ニュースを編集していくものの、その裏側や現場の思いをかんがえると、胸が痛い。

「記者が現場で見たかったものは、なんなんだろう」
「このニュースのキモは、なんなんだろう」

改めて、ニュースの基本を思い出し、山本さんの死を悼む。

「ひまわり忌」

今日は、ひまわり忌です。

と、勝手にネーミング。

師匠というか、恩人というか、なんて形容していいのかわからない大切な人の命日です。

お葬式に飾られたひまわり。
海。
奄美大島。
嵐。
雷。

彼の人を思い出します。

「留学決まったんだ」と、ハーバードに行く前に、わざわざ京都にきて下さいました。

そして、神様のお導きのように去年、再会しました。

もう、病身でした。
動かない身体に悪態をつきながら、ぎりぎりまで私に向き合ってくれました。

「由香さん、これからだから」電話をくれた三週間後、息をひきとりました。

その言葉の魔法に、私はかかっています。

自分の未来を信じられる気がする。
だからこそ、私の回りにいる人達に、少しでも明るい毎日、明るい未来を信じさせてあげたい、と思う。

今日は、今読んでいる、原発関係の本を少し閉じて、太郎さんが編集した「ハーバード ケネディスクールでは何を教えているか」を紐解きました。

「この国を変えよう」
太郎さんの声が蘇ります。

どう変えたらいいのか。
教えてくれなかったのは、自分で考えなさい、との宿題ですね。

そして、また初めてあった時のようにシュラスコを食べに行こうという約束も果たしてない。私は、ありがとうも言ってない。

だから、私は、最期のお別れはしなかったんだ。棺を外で待っていた。
私の記憶を、太郎さんの笑顔で留めておきたいから。
お陰で、今でも、サイコーにオトコ前ですよ、と泣き笑い。

約束は絶対果たす人。
だから、次生まれ変わっても、
また近くに居させてくれるはず。

それまでは、あなたの本と教えと記憶と共に、まっすぐ前を向いて、恥ずかしくないように生きていきます。

そして、次逢ったら「由香さん、またいいお姉さんに、なったねー」と笑ってください。

杉村太郎さん 一周忌です。

泣かない、泣かない。
あの人、べっぴんさんが好きだったからね。

ひまわり忌.jpg

ボーイング787 !

今日は、大阪への移動日。

新幹線が苦手なワタクシ。
最近は、大好きな夜行バスに乗る時間も余裕もなくって、もっぱら飛行機。

今日は、出発時間を1時間遅く勘違いしていた!!なんて笑えない失敗もました。
まあ、空港に早く行って、ご飯食べて、なんて思っていたので、セーフでしたが。

そして、搭乗口で待ってると、アナウンスが。

「1300発の当便は、ボーイング787の機材を使用します」
え?まじ???

別に飛行機マニアではないのですが、機影にて機種とか言い当てられませんが(友人、知人にそんな人がちらほら)やっぱり嬉しい。

で、乗ってみました、新機種787。

なんかねー、飛行機に乗ってる感がしないの。
いい意味で。

昨日の嵐の影響を受け、飛行機が揺れまくり。
お茶サービスもほぼなし、の状態。
でも、なんだか、怖くない。この恐がりの私が。
なんていうんだろう、天井が高かったり、窓が大きかったり、と視覚的に飛行機に乗っている感覚がないんですよねー。

だからか、揺れても(結構、揺れた、一番揺れたかも)、怖くなくって、ふーん、揺れてるわ、ぐらいな。

きっと、本質的に従来の「飛行機」環境ではないのを身体が感知していてるんでしょうね。

これは快適です。長距離、飛んでみたい。

毎回楽しみにしている機長アナウンスも、今回はなし。
CAさんからは、「揺れますが、大丈夫です」というアナウンスは、4回くらい入りましたが。。。。

これから、787 探して乗ってしまいそう。
楽しかったな。
早速、飛行機好きの知人に自慢メールを送りました(笑)

あ、機体に787って書いている塗装は、今だけで、3号機くらいからは、通常塗装になるそうです。

787.jpg

あ、この写真は、先月、空港に駐機されていた 787。
実際乗ったのは、いいショットがなくて、こっちを採用。

スーパームーン!

今日は、スーパームーンとやら、でしたね。

地球と月が、なんかの関係で、とっても月が近く見えるらしい。
(詳しくは、ちゃんとした情報を参照してね)

表参道で髪を切った帰り、
ふっと空を見上げてみると、うわー、びっくりした。

昔、ピアノの教則本の絵本に描かれてたまんまるなお月様、そのまま!
(”隣のおばさん、こんばんわー”って、歌のページなんですが。知らんわな)

夕方だったので、深夜より、ぐっと大きく見えました。

実は、スーパームーンって、二回目なんですよ。

去年の3月に行ったパラオで、ちょうどスーパームーンに遭遇しました。

いやー、あの時は、大変だったなー。

夜、寝ようと思って、電気を消したら、お部屋の中にいつもよりくっきりコントラストができてました。
明るかったなー。

昔の人たちには、月って重要だったんでしょうね。
おもしろい。

 

2018年4月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Copyright © Yuka Yoshimi OFFICIAL WEBSITE All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.