吉見由香公式サイト
ブログ

ミネスタ

AKBの真相

今日、番組に遊びにきてくれたのは、なんと、今をときめくAKB48内田眞由美ちゃん!

そうです、初代じゃんけん女王です。

スタジオで、隣に座ると、
ご本人さんの色んな事を感じる事があります。〝気〟を感じる、とでというんでしょうか。

内田さんは、とにかく「心が強い」という印象。

彼女の前向きさ、ひたむきさ、力強さ。

そう、彼女のオーラというか、空気感が、「強さ」という印象でした。

正直、AKB48に対して、今まで、アイドルさん、というイメージのみ持ってました。

初期メンバーさんの苦労とか聞いていましたが。

内田さんも言っていましたけど、
あれだけ女の子(しかもお年頃の)がいると、色々あるそうです。うんうん。あるでしょー。ないことはないわな。

どうやって前にでるか。
努力だけでは、済まされない、
非常に不条理な世界。

そこで、どうやって這い上がって、認めてもらうか。

努力、涙、努力、涙、努力、涙、努力、涙、努力の連続なんだと思います。

完全に折れた心を、バラバラになった自分を、もう一度、組み立て直し、新たな自分を作っていく。

そうやって成長してきたんだな、という事を感じられました。

いやぁ、下手したら、娘っていってもいい歳なんどけど、あたしゃ、励まされましたよ。

もしかしたら、AKBファンの人達は、彼女たちのそういうところに共感しているのかもしれません。

AKBって、甲子園の高校球児を応援している心境、のようなイメージでしたが、ぁー、なんかわかる。まさに。

少しでも、AKBメンバーの持つ魅力、チカラを、リスナーさんにも感じてもらえてたらな、と思います。

ちゃんと、内田さんの伝えたかった事、伝わってたかな?

今回は、事前にフォトエッセイに目を通すチャンスがなく、申し訳なかったのですが、(今日、一気に読みましたよ!)

彼女のメッセージはとてもストレート。ぶれてない。

歌い手として、表現者として、
とても感じるところがありました。

恐るべし、AKBメンバー。

 

フォトエッセイ
「岩に染み入る〝内田さん〟の声」は新人物往来社から、1200円で発売されています。

内田さんに帰り際にかけたコトバ。「くじけそうになったら、これ、読み返します」。

皆さんも、ぜひ。

ハート付き

金曜日でーす。リスナーさんからも「金曜日短くって、ざんねーん」とメールが届きました。ごめんなさいねーーー。

今日は、クリスマス直前スペシャル!
ってなわけで、交通情報の担当者を書き込んでくれるペーパーに、ADちゃんがかわいい装飾を!!
こーゆーちょっとしたことで、われわれ演者は、いっきに気分がのったりするもんですよ。
もう一人のADちゃんも、微妙に遊んでくれたり、いつも感謝です。
気の効くスタッフと一緒にお仕事できて嬉しい限りです。

ってな訳で、月曜は競馬中継のため、お休みです。元)競馬担当者としたら、ン?有馬終わってまだ競馬??と思ったりしますが、私も久々の真っ白スケジュールです。
クリスマスには全く、まったーく興味ないワタクシ。
ばりばりのミッションスクール卒ですが、あえて、メリークリスマスはいいません。
みなさま、よい3連休を。

おもてなしのココロ

今日のミネスタ、ゲストに、「国際野点協会」の松浦ひかりさんをお迎えSHまHした。

お茶って、ほら、いろいろ決まり事があって難しそうじゃないですか?
京都にいたころ、取材の関係で、ちょこっと勉強しましたが、ちんぷんかんぷん。
好きな都をどりを見に行っても、なんのお作法も知らず、飲んで、はいおしまい。

スタジオでお茶を立てていただく、と聞いて緊張しました。
が!ちょー簡素。
お道具も必要最小限のものだけ。
私が、感激したのは、なんと、そんな簡素なスタジオ野点?なのに、ちゃんともろもろ仕込んで?用意して下さったんです。
亭主としての役割を持つ、松浦さん(つまりは主催者ってこと)の装いは、クリスマスをテーマに、朱のお着物、グリーンを差し色に、金の帯。
そして、お花はクリスマスブッシュ。
そしてそして、なんと、お菓子がオーダー!おあつらえですよ!オリジナル!
2種類ご用意下さって、1種類は「峰の雪」茶色の生菓子の上に白が。
そしてもう一種類。まるっと緑のタマ。
なんだこりゃ、と思っていたら、「あ!ドラゴンボール!!」
うわ、龍が握っている3本の爪もある!すげー!!
正客に合わせたお菓子。
ひとりで、大興奮!主客より、大喜び!!

今回は、ホントウに簡易なお茶席でしたが、これって、おもてなしの心、神髄だと思うんですね。
相手に喜んでもらう為、相手の事を一生懸命考えて、想像して、準備をする。
歓迎されてる、って思いますよね。
いやー、ニッポン人ってすごいな。

書道、華道は、わりとしっかり修めたんですが、茶道、ちゃんとやりたいんですよね。全てを含んだ総合芸術ですもん。
しかも、しぐさが美しい。洗練の極み。
お茶、やりたいなー。

 

パワーアップウィーク終了!

いやー、今日、金曜日を以って、ミネスタ 歳末大感謝祭 終了いたしました。

本当に本当にたくさんのメッセージを頂戴し、スタッフ一同嬉しい悲鳴でございます。

ありがとうございました!

さてさて、今回は、特に凝った趣向もかけずに、ストレート、直球ど真ん中の構成。

皆さんからのお便りをよむ時間を多くしただけ。かな?

というのも、パワーアップウィークって、実は聞いてる人にとったらどうなんだ??ってことが、ただのラジオ好きの私の頭の中には、いつもありました。

そこだけ、特別豪華ゲストを入れ込んだり、はたまたパーソナリティを変えたりなんてこと、聞いてる方にとったら、メリットってあるんだろうか、と。

もちろん、、豪華ゲストがきて、話が盛りがって、スタジオで抱腹絶倒の時間となれば、いいんですが。

でも、それって、どちらかというとテレビのお仕事のような
気がするんですよね。

番組の構成にもよるんでしょうが、私はあくまで、
「ラジオの前のあなた」と話がしたい。

番組はメッセージを送って下さるリスナーだけもものではない。
それ以外の人に向けて、豪華ゲストを入れたりするんですよ、っていう声も聞く。

でも、その番組のファン、って、何を求めて聞いてるんでしょう?

パーソナリティのスタジオでの
楽しいおしゃべり、ではないのかな?

おたよりは、切っ掛けで、それをどう共有化するか、それをどう料理して、スタジオで話を展開するか。

ここに、番組の魅力があるのではないでしょうか?

じゃ、お便り強化週間、になってもいいんじゃないかな?

ほら、FMでも、オールリクエスト、オールタイムフェイバリッツって存在するしね。

ラジオって、マイクを通すと、こちらのテンションの出力は、必ず下がります。

なもんで、正直、1週間終わって、くたくた、ではあります。

でもね。ただのラジオ好きが、ラジオの中で仕事ができる幸せお裾分け。
それが、私にとってのパワーアップウィーク、と認識しています。

皆さん、ありがとうございました。
当たらなかった方、ごめんなさい。

また来週もお願いします。

写真は、、、
番組中置いておく、テーマテント。

よーく見て!見て!
おー、危うくトラップ(笑)

スタッフ皆さんもおつかれちゃん。

篠塚さん、いらっしゃいませ

今日のゲストは、元 読売ジャイアンツ の篠塚和典さん!

もう、朝からスタッフ大騒ぎなくらい、みんなうきうきしていました。だって、篠塚さん、だもんねー。

 

てな訳で、今日は、篠塚さんに因み、オレンジと黒のジャイアンツカラーの衣装で!

桜花賞中継のときのピンク色、と同じのり(違うか)。

 

スタッフが朝一番、気付いてくれて、また偶然、プロデューサーさんも、「G」のロゴのはいった上着で、ジャイアンツファンの今日の構成作家さんに「あ、今日のドレスコードは、巨人ですよ」というと、「僕にはオレンジ色の血が流れている!」と豪語するなど、相変わらず賑やかなうちあわせ。

 

で。

じゃーん!篠塚さん、ご登場。

とっても柔らかで、紳士的な印象でした。

 

峰さんとのお話が弾む中、CM中に、私がどうしても聞きたかった質問を投げかけてみました。

「今、現役だったら、どのピッチャーと対戦したいですか?」

 

「ダルビッシュです」即答でした。

目を輝かせて、答えられたときの表情は、野球選手の顔でした。

「あの球がどんなもんか、バッターボックスで、実際に見てみたい」との事。

WBCで、ダルビッシュの強さは、間近でみているはずなのに、実際バッターボックスで見てみたい、とは、真の打者、なんですね。

かっこ良かったな。

 

WBS。正直、不安です。メジャー組が来ないし、若者も多いし。でも、そんな事言っていてもはじまりません。

目の前にある戦力で、全力を尽くすのみ。

そんな心意気を感じました。

打撃コーチの篠塚さん。

 

プロデューサー氏によると、「また呼んでねー」と、有難いお声をいただいたそう。

良かった。

ミネスタ軍団に、強力な助っ人加入です。

 

WBCでのご活躍を祈ってます。

なんだか、WBSが楽しみになってきた!

 

 

私の髪型がおかしいのは、ヘッドフォンのせいです、、、

 

 

2017年9月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Copyright © Yuka Yoshimi OFFICIAL WEBSITE All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.